wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

ツッコミどころ満載の記事を書くのはよくないよね?

私のメインサイトはわにちゃんどっとこむ。おかげさまで現在、マイペースで穏やかに運営できてます。

ページビューが増えれば増えるほど、揚げ足取り大好きな輩への対策とか、炎上しないようなコンテンツの作り方に気を付ける必要があります。

かつて私のサイトもネット上あちこちで叩かれたことあるんですけど、原因は「ツッコミどころ満載の記事」です。今から思えば、本当に愚かな言動をしてきたもんだなぁ、と。

ツッコミどころ満載の記事で炎上させてもメリットはない

で、ここ数日、このはてなブログが結果的に炎上っぽい事態になりました。通常の3倍のアクセスです。昨日、落とし前を付けるための記事を投稿したけど、果たして普段通りのページビューに戻ってくれるでしょうか。

いや、別に炎上商法とかのプロブロガー目指してるわけじゃないですし、絶対にそういう類の仲間に入りたくありません。繰り返しますが、私はブロガーではありません。このはてなブログは「おまけ」みたいなものです。本家サイトがありますし。

てか、私は別にこのはてなブログのページビューを稼ぎたい訳じゃないんですよ。

まあ、逆に言うと、ツッコミどころ満載の記事を書くとページビューを軽く稼ぐことができることがわかった次第。でもその手法では無駄にページビューが増える「だけ」です。言い換えれば、ページビューが増えるだけで収益につながらないのですよ。下手したら負の遺産が残ってしまいます。しかし、そういう炎上商法でページビューを稼ぐ自称プロブロガーが増えてますよね。

blog.wanichan.net

ブロガーって、横のつながり欲しさとか、そういうノリですよね? ネット上で他の人と絡みたい的な。私らの時代、インターネット黎明期は掲示板でつながっていた気が。でもそれって逆に疲れまっせ。はてなブログ界隈では読者を増やすのがポイントとか言われてますけど、私はそういうイベントには参加したいとは思いません。人気ブログにしたいとは思ってないので。てか、私ブロガーじゃないですし(大事な事だから何度も言います)。

アドセンス収益を得るために?

アドセンス収益を上げるには、ページビューを増やせばいいとか、記事を量産すればいいとかいう説が出回っていますよね。でも、それ「だけ」でいいのでしょうか?

中身のない、役に立たない記事ばかり書いて、釣りタイトルでページビューを稼ぎ、いざその記事にたどり着いたら中身スカスカで何も得る情報がなかったという残念な結果になるのは日常茶飯事ですよね。「○○を暴露!」「★★を公開!」というようなタイトルにも関わらず、「○○については情報がなくわかりませんでした」という期待外れなゴミ記事がネット上に溢れています。こういうトレンドブログって、情報商材の影響でしょうか? 甘い言葉で釣って、効果が得られない嘘の情報を販売しているだけでっせ。

技術ネタを扱うブログでも、結果や概要だけ書いていたり、そこらへんの外部の記事をパクってつなぎあわせて、受け売りレベルの記事の量産。あのー、物書きの技術持ってないのに無理して書かなくていいですから!  それもこれも、Google AdSense収益をサクッと得たいっていうのが目的ですよね??

で、稼ぎ方を教えます、とかいうノリのブログは、相手を稼がせたいのではなく、結局のところ自分が儲かればいいっていう魂胆なんですよね。そうやって釣り糸を垂らして獲物をGETし、サロンやらセミナーやら塾やらでお金をいただくという。詐欺師とやってることは変わりません。

f:id:wanichan:20170711094841p:plain

炎上させてもいいことない

話は逸れましたが、私の場合は、みんなが知りたがっているのに存在しない情報を作り、有益な情報を提供するために淡々と記事を書いて、みんながハッピーになれる、そういうサイトやブログをおだやかに運営していきたい、ただそれだけです。

炎上商法を使った自称プロブロガーは、その無駄に稼いだページビューだけが手元に残り、ページビューに似合ったアドセンス収益が思うようにあがらないから、セミナーやらサロンや塾やらノートやらで賄っているんですよ。アドセンス以外の収入がメインじゃないでしょうか? それって非効率だと思うんですけど、まあ、一定数騙される人がいますから、そのカモに頼ってるって感じですかね?

ツッコミどころ満載の記事を書き続けて炎上させて無駄にページビューを増やすのは止めた方がいいです。はっきりいって収益にはつながりませんし、人格否定する輩も登場したりします。人格否定されたい、誹謗中傷を受けたいというマゾな方はどうぞやってください。