wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

Microsoft Officeのライセンス変更ができない場合の対処方法

はじめに

Office 365 Soloは5台までサインインできるようになったので、Office 365 Enterprise E3でライセンス認証してるやつを全部Office 365 soloに変更しようといろいろやってるわけですが、Surface Pro 2でのライセンス変更で詰みました。

前回(MacBookのBootCamp上のWindows 10)はすんなりイケた気がしないでもないですけど、そんときにやっぱマイクロソフトサポートに相談したっけ?

再インストールしても前の情報が残ったままに

とりあえずOfficeを削除して再インストールしたら、ProPlusのままになってしまい、もしかしてアクティブになってるから?と思い、Office 365 Enterprise E3のSurfaceのやつを非アクティブ化したら「製品のライセンス認証が取り消されました」状態になりました。

f:id:wanichan:20190302235034p:plain

ライセンスの変更でエラー

そこで、[ライセンスの変更]ボタンをクリックし、Office 365 Soloに紐づけてるMicrosoftアカウントでサインインしたら、こんなエラーメッセージが。

f:id:wanichan:20190302235217p:plain

別のアカウントをお試しください

<メールアドレス> に関連付けられているその他のOfficeのライセンスが見つかりませんでした

再度Officeをアンインストールしてインストールしても無限ループ。

前の情報をレジストリ編集でもして消す方法ってないんですかね?

解決方法

そんなわけで、マイクロソフトに電話しました。

ぱちょこんにプロダクトキー情報が残っているため、サインインしてもうまくいかなくなる場合があるようです。

とにかく情報をクリアにするには、管理者としてコマンドプロンプトを実行し、プロダクトキーの一覧を出して、プロダクトキー下5桁を指定して削除することで消えます。そのあとサインインすればOKです。

詳しくは以下のSwayドキュメントを参考に。

sway.office.com

ちなみに、Windows 10でコマンドプロンプトを管理者として実行するには、もっと簡単な方法があります。

  1. スタートボタンを右クリックして[コマンドプロンプト(管理者)]をクリック

    f:id:wanichan:20190303105109p:plain

  2. メッセージが出たら[はい]をクリック
  3. 管理者としてコマンドプロンプトが実行された結果がこちら。f:id:wanichan:20190303105228p:plain