wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

お金が目的で頭を使わない人たち

f:id:wanichan:20170708184128p:plain

1文字0.5円のWebライターって世の中にたくさんいると思うんですけど、私の偏見かもしれませんが、最近、頭を使わない人たち増えてませんか?

blogos.com

私は一応ライターっていうか、以前本とか書いて印税とか原稿料もらっていたプロのライターです。プロだからこそ、あんまし公にはええ加減なことは言えないと思いつつ、世の中には完璧な人間なんていないからミスはちょっと大目に見てね、と願うばかりです(逃

しかーし、最近の人たちは大きな勘違いをしていると思うんですよ。人にわかりやすく説明するためにモノを書く技術ってマジで簡単じゃないんですよ。生みの苦しみを何度も味わい、一旦書けない病が発症したら何もできない、しかし締め切りが待ってる、みたいな。もし近くにライターの仕事をやってたお知り合いがいらっしゃったら、そのライターさんは「書けない」と嘆いていたりしませんでした?

人にモノを順序立ててわかりやすくコンテンツを構成して伝える技術、これは1日や2日で身に着けられるものではありません。このブログの読者の方は、更新されましたよメールの後に記事の内容が変わってるやん、ってツッコミたくなったりしません?

そうです。公開した後も推敲しまくってるんですよ。紙の書籍ではそんなことできないですけど、Webではすぐに手を加えることができます。

お金が目的で言われたことしかやらない、できない人の急増が背景にあるからこそ、パクリメディアができるんですよ。自分は楽してお金を儲けたい、で、作業は他の人にやらせる、みたいな。時折、リライトツールやら記事執筆外注な広告が表示されたりなんかしますよね。しかも私の運営サイトやこのブログにも表示されたりします。ブロックすべきか悩ましいところです。

あと、Google+やらのAdSenseコミュニティで、なかなかお金もらえないんだけどどうしたらもらえるの?と英語で書き込まれた方にちょっと相手したことがあります。相手にしなければよかったと後悔しましたです。その人は人の話を聞けず、ただただ一方的に自分の言いたいことをマシンガンの如く書きまくる方でした。

前の記事で、お互いにWin-Winの関係にならないとダメだよって書いた記憶がありますが、うまくいかない人って大体共通して言えることは

  • 自分の頭で考えない、考えようともしない
  • 言われたことしかできない
  • 自分のことしか考えていない
  • 人の意見に耳を傾けられない
  • 人の役に立てる仕事をしたいとは考えてない
  • とにかく楽してサクッとお金儲けたい
  • 自分さえよければ相手なんてどうなってもかまわない

こんな感じでしょうか? 人によっては一部当てはまらないケースもあると思いますが、もしすべて当てはまっていたらそれこそ救いようのない人間ですね。

本当に真面目にコンテンツを知りたい人に届けたいという情熱があってこそ、はじめて健全なるインターネットが成立すると私は考えています。

自分で考えないから言われたことしかできない、で、その言われたことが本当に正しいのか、物事の是非について考えようともしない。

物書きにも「てにをは」の使い方とか、句読点の適切な使い方とか、段落単位で文章書けるかどうかとか、そういうのがライターのみなさんが心掛けていることであって、0.5円ライター(私からはライターとは認められない)に、そんなことを考えることすらないんでしょう。

時折ネット上で見かける、ある程度まともなメディアへの寄稿記事はたいてい読みやすくて歯切れが良かったりします。「うまいなー」と感心させられたりもします。それこそが真のライターの仕事です。

ライターと名乗るんだったら、せめて読みやすい文章書いたらどうですか? てか書くべきですよ。0.5円ライターはライターではありません。それに、そんなに単価の低い仕事なんてやめなさい。単価の高い仕事がもらえるように努力したらどうですか?