読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

Microsoft Office 永続ライセンスとサブスクリプションの違いって

Office 365 Microsoft Office

今使ってるパソコンには、Office 365サブスクリプションでMicrosoft Officeをインストールしているわけですが、電話サポート体制って永続ライセンスでは制限あるの?っていろいろ調べてます。

私がMicrosoft MVPになる前は、Office 2003 Professional Editionのアップグレード版を買った記憶があるんですけど、その時のテクニカルサポートは3件までOKだった気がします。FrontPage 2003は2件まで。

で、Office 2016の永続ライセンス版のテクニカルサポートは何件までOKなんでしょう? たぶん、導入時のサポートのみのような気がするんですけど、どこかに情報ないですか?

家庭向け Microsoft Office 製品のラインアップ

ここには、テクニカルサポートはついてないって感じになってますよね。アンサーデスクに質問はできるでしょうけど、やっぱりインストールの問題をサポートするぐらいですよ、ね?

としたら、マイクロソフトさんはOffice 365にしなはれ、っていう意向な感じ?

Amazonカスタマーレビューによると、クラウドとの連携を強化したOffice 2016に厳しい評価をしている人たちが結構いますよね。ある意味アナログな考え方っていうか、インターネットには絶対に接続したくないという人たち? 情報漏えいしないためにオフラインで作業したいというポリシーが存在するところもありますしね。インターネットは危険だ、みたいな?

セキュリティを強化するためにはインターネットには接続しないぞ、という頑なな方針を持つ企業に対して、マイクロソフトさんはどう切り崩していくんでしょう?

予算の関係もあるでしょうし。