読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

Facebookページのタイムラインの日付に各記事の最終更新日時を合わせてみる

Expression Web 4でダイナミックWebテンプレートを更新するたびに、各記事の最終更新日時が更新される問題を解決するために、Facebookページのインサイトから投稿データをエクスポートして、その投稿日時でもってそれぞれの記事の最終更新日時にする作業を行っています。

ちなみに、最終更新日時についてはこちら。

ページ挿入のパーツが更新された場合はタイムスタンプは更新されませんが、DWTファイルは別です。そんなわけで、Facebookページのインサイトにアクセスしてみましょう。

インサイトで[エクスポート]をクリックします。

f:id:wanichan:20150830165301p:plain

エクスポートする期間を指定します。ただし、期間が長すぎるとエラーになります。180日以内で。しかし、最大500件になるので、Facebookページの投稿頻度によって臨機応変に対応します。

f:id:wanichan:20150830165332p:plain

[投稿データ]を選択して[データをエクスポート]ボタンをクリックします。

f:id:wanichan:20150830165416p:plain

で、それをExcelで開くとエラーが出てくる(実質はXMLなのに拡張子だけがExcelになってるのかも)ので警告メッセージが出ますけど、そのまま続行します。 

f:id:wanichan:20150830165848p:plain

投稿日時はPosted 列です。しかし、太平洋標準時間となり、サマータイム(3月第2日曜日午前2時~11月第1日曜日午前1時59分59秒)に16時間プラス、それ以外は17時間プラスしなければいけません。

f:id:wanichan:20150830170851p:plain

そんなわけで、手動でサマータイムとそうでない時間を目視しながら、=Postedデータセル+"16:00" とか =Postedデータセル+"17:00" にしてます。IF関数でやっつけてもいいのですが、複雑な数式になってしまうので、こんな感じにシンプルに。

f:id:wanichan:20150830170354p:plain

で、Webbotのフィールドをそれぞれ置き換えていくとOKです。

日付と時刻のセル書式設定は、
yyyy/mm/dd hh:mm:ss にしてます。

f:id:wanichan:20150830170553p:plain