wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

無駄に改行が多いのが目につくと思ったら

なんか変な場所で短く改行しまくっている記事が増殖している感じがするんですけど、なんでなのかな、と調べてみました。

するとこれですね。。。

えっと、私からみたら読点が多すぎるためにすごく読みにくくて幼稚っぽい記事にしか見えません。人に教えを説く場合はちゃんとした文章を書きましょう。

読みやすい記事を書くには、句読点を適度かつ適切に使って、ブロック単位で改行すればいいだけの話です。

そもそも、HTMLの基本すらわかってない人ですね。

文の途中でEnterキー(MacではReturnキー)を押すと、次の段落に行きます。HTMLでいうと<p> タグ。paragraph の略です。そうです。段落が文章の途中でいくつも分割されている状態になっているのです。

プロフェッショナルな記事は他人に評価されやすいですが、こういった文書作成ルール違反している時点で、プロの記事には絶対になりえないのです。最近のアフィ主体でお金を楽して稼ごう系なブログとかメルマガとかは、文の途中で段落を無駄に分割しまくってます。それがおかしいと気づかないんでしょうか?

とても嘆かわしいです。

まあ、今の私はプロのライターですからね。本を7冊書きましたし、雑誌等の商用記事も寄稿して報酬を受けてきましたんで。逆に私がそれを自覚してちゃんと書かないと恥ですよね。みんなプロとして私を見てますから。はい。

正しいHTML文書作成に心がけること、それが高評価につながり、収益性も高まります。 

最後に、過去の関連記事リンクをペタペタはっておきますね。