読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

トレース用イメージって

Expression Web

少々低空飛行でxweb.wanichan.jpサイトのExpression Web 4コーナーのChapter 4に進めてます。


Expression Web 4:Chapter 4 メディアの挿入と編集 - xweb.wanichan.jp

記事構成はやや拙著「ひと目でわかるMicrosoft Expression Web 2」に近い感じですけど、一応初心者向けに書いているつもりです。

Chapter 4は画像とか動画の挿入やら編集といった内容になります。しかし、Expression Web 4でサポートされている、トレース用イメージという機能があるんですけど、これはレスポンシブWebデザインには関係ないですよね。

従来のソリッドデザインでページ内にバランス良くコンテンツを配置するための機能だと思うんですよ。

てか、それはWebデザイナー向けの機能であって、とにかくデザインしましょうってノリじゃないかと。でも、レスポンシブWebデザインにおいて、デザインに凝ることはまず難しいです。はい。英語の design というのは「設計」という意味であって、見栄えの「デザイン」じゃないんですよね。

「設計」って言ったら、いかにユーザーにとって使いやすいものであるかどうかが重要であって、見栄えは二の次で構わないです。例えていうなら、建築デザイナーっていう職業あるでしょ? 建築デザイナーさんは、いかにして住みやすい住居を設計するか考える人のことだと思ってます。

何かしら「Webデザイン」は「グラフィックデザイン」と一緒にして考えている人が少なくなく、Webデザイナーは「見栄え」だけ重視して、見栄えだけ立派だけど使いにくいWebサイトを作ってしまう、というオチになることもあったりなんかしますからね。