読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

FrontPageからExpression Webへ移行する前に

はじめに

Windows XPとFrontPage 2003のマイクロソフトサポート完全終了は2014年4月9日です。しかし、移行するのに問題があるんじゃないの?と懸念される方が少なくないと思います。

そこで、移行手順について順番に説明していきたいと思います。

FrontPage固有の機能に注意

Expression Webでは、FrontPage固有の機能が利用できません。以下のいずれかを使っている場合は、Expression Webに移行する前にFrontPageで作業することを強く推奨します。

  • 共有枠
  • リンクバーとナビゲーション

以下の機能は、Expression Webで廃止されていますが、Expression Webに移行後に作業を行っても問題ありません。

  • DHTML効果
  • ホバーボタン

なお、フレームページの編集はExpression Webでも利用できますが、昨今では流行っていないので、単一Webページへの移行を検討してください。

共有枠からの移行

共有枠を使用したWebサイトをそのままExpression Webに移行してしまうと問題が発生する場合が多いです。

もし、FrontPage 2003を持っている場合は、FrontPage 2003からサポートされている、ダイナミックWebテンプレートへの移行を検討してください。

ダイナミックWebテンプレートについては、以下の記事を参考にしてください。

もし、FrontPage 2003を持っていない場合は、以下の記事を参考にしてください。

「っていうか、ダイナミックWebテンプレートの編集可能な領域がよくわからないんだけど」という方は以下の記事も参考にしてください。

リンクバーやナビゲーションを使っている場合

ナビゲーションやリンクバーは、Expression Webでは利用できません。

リンクバーを今後使い続けたい場合は、FrontPageを使い続けるしかありません。ただし、それはおすすめできません。

ホバーボタンからインタラクティブボタンへ

ホバーボタンはJavaアプレットを使用しています。この機能はFrontPage 2002までサポートされていました。しかし、Javaの本家であるサン・マイクロシステム社がマイクロソフト製のJavaに激怒したため(?)、FrontPage 2003から廃止になっています。その代替としてインタラクティブボタンが用意されています。インタラクティブボタンはExpression Webでも利用可能です。

DHTML効果からの移行

DHTML効果は、JavaScriptを使って「クリックしたときに消えたり飛んでいったりする」とか、「マウスに触れると色が変わる」などの動的効果をもたらすものです。これは動作できるブラウザーが限られています。除去しておくとよいでしょう。