読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

wanichanの日記

ちょっとした技術メモ。Microsoft中心。Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。最終版はwanichan.comに掲載していきます。

(保存しないで終了) が出る条件とは?

Office 2010において、Backstageビューの[情報]を開いたときに、バージョンに (保存しないで終了) を表示するにはどうしたらいいか、といろいろ調べてみたんですが。

image11

  • 既存の文書を開いたあと、自動バックアップファイルができた時点で異常終了した場合
  • 既存の文書を開いた後、自動バックアップファイルが存在した状態で、右上の[閉じる]ボタンを押したときに、以下のメッセージ画面で[保存しない]を押した場合
    image12

“[保存しない] をクリックした場合、このファイルの最新のコピーが一時的に保存されます。” が表示されるタイミングでないと (保存しないで終了) が出てこないということがわかりました。

 

ちなみに、最新のコピーは以下の場所に保存されます。

Windows 7/Windows Vista の場合
C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\<アプリケーション名>

Windows XP の場合
C:\Documents and Settings\<ユーザー名> \Application Data\Microsoft\<アプリケーション名>

まあ、%AppData%\Microsoft\<アプリケーション名>を入れたらOKですけどね。

image

保存しないで終了データはここに存在しています。

image

ちなみに、(保存しないで終了)のバージョンを選択して、

image

[復元された未保存のファイル これは、コンピューターに一時的に保存されている、復元されたファイルです。]という情報バーが表示され、[元に戻す]ボタンをクリックすると、

image

「最後に保存されたバージョンを、選択したバージョンで上書きしようとしています。」というメッセージが表示されるので、[OK]ボタンをクリックすると復活します。

image


追記:Webサイトに記事をまとめました。こちらもご覧ください。

Office 2010:Backstageビューに「保存しないで終了」が表示される条件とは

http://www.wanichan.com/pc/office/faq/faq06.html